適切なコーキング業者を選定する方法続き

適切なコーキング業者を選定する方法の続きです。






・工事前に見積りを出してくれる
工事前に見積書を出してくれる事は当たり前の事なのですが、
残念ながら出来ていない業者も多くいるようです。


工事前には「この程度の金額」と口頭で伝え、
工事が終わってから請求書を持ってくる業者が居ます。


その為、事前の金額と差が出てしまう事もあり、
後々揉めてしまう事がございます。


建物全てをコーキング工事するのは大きな金額になるので、
必ず事前にしっかりとした金額を把握してから頼む必要がございます。


それが出来なく施工後じゃないと確実な金額が
出せないという業者は、信用出来ません。


また、途中で追加が発生した場合でも、
確実な追加金額を事前に聞いてから工事を進めてもらいましょう。


建築工事は1個1個が大きな金額になる事がございますので、
業者頼みにせずにお客様の方で逐次把握するようにする事が大事となります。



・見積書の内容が適切
見積書の内容は一式ではなく、
細かく見積書の中身が記載されている業者を選びましょう。


小さい工事ですと、m計算や㎡計算では金額が合わなくなるので、
一式になってしまう事もございます。


しかし、建物1つの外壁全体のコーキング工事は大きな数字になるのに、
一式計算になる事なんてあり得ません。


業者は1から計算して金額を出して、それに似合った見積りをお客さんに
持ってくるので、事前に計算が存在して当たり前です。


建物全てのコーキングを行うのに一式見積りしか出さない業者は、
専門業者としては残念ながら力が乏しい業者と言えます。



・訪問販売業者には頼まない
訪問業者ではなく、信頼できる業者に依頼しましょう。
信頼できる業者の情報に乏しい場合は、近所や知り合いに聞いて
信用できる業者を選んで自ら依頼しましょう。


訪問業者は仕事が取りたい一心で訪問しているので、
施工に乏しい業者が多い傾向がございます。


特にコーキングは防水ですので、施工に確実性が求められます。
その為、信頼できる業者に頼まなくてはいけません。






このように、コーキングは防水ですので、
適切な工程と業者選びがとても大事となります。
防水は家を守ってくれる、大切なパーツです。
建物を丈夫にする為に、業者選びは慎重に進めるようにしましょう。



次回:塀のコンクリート部分にコーキングを使ってほしい理由