コーキングのカラーはどうやって作るのか

コーキングの元のベースカラーは、グレー色です。

グレー色にカラーを混ぜる事で、様々なコーキングのカラーを作ります。

カラーマスターという粉を特注で作り、それをコーキング材に
撹拌して混ぜさわせる事で、理想のカラーのコーキングを作る事が出来ます。

特注ですので多少の追加料金が取られてしまう事がありますが、それほど高くありません。

また、特注で作成するので、3週間程かかってしまいます。

その時間を逆算して、メーカーに依頼して作ってもらいます。

カラーマスターを作成してもらうと、日本塗装工業のカラー見本のように
どんな色のコーキングでも作る事が可能となります。

既存外壁に合わせて作るので、どうしても100%同じカラーにはなりませんが、
近似値にはする事が可能です。

コーキングの打ち直しを行う際に、少ないカラーからの選択しか
出来ないという業者であれば、コーキングの打ち直しを依頼するのは止めましょう。

色んな建物を扱っている業者であれば、このようなカラーマスターでの作成に詳しく、
お客様から言わなくても外壁に近いカラーのコーキングを発注して施工してくれます。

コーキングは建物上から下まで一直線に充填するので、
そのカラーが違うようであれば酷く目立ってカッコ悪い外壁にしてしまいます。

コーキングを打ち直して建物を丈夫にしようと思って行ったのに、
外観の見た目が変になるなんて良い事ではありません。

お客様の立場に立って考えられる業者に、コーキング施工をお願いするようにしましょう。