ノーワーキングジョイントになってしまった状態

ノーワーキングジョイントになりコーキングに寿命が来た状態になると、
コーキングが硬化してしまいます。
ノーワーキングジョイントになってしまった状態とは、
このような状態の事を指します。




・シワ
コーキング材が縮んでしまい、波を打ったりし溝と密着しなくなった状態です。



・変形
紫外線等の影響でコーキングが軟化してしまい、
変形して溝と密着しなくなった状態です。



・ヒビ
コーキング表面に細かいひびが入っていくと、
コーキング内部にまでひびが達してしまい、
雨水等を建物内部に浸食させてしまいます。



・破断
コーキング材が割れる事で完全に溝内部と別れてしまい、
溝の中で防水材として全く機能しなくなった状態です。
簡単に雨水等を建物内部に浸食してしまいます。





コーキングが劣化し切れてしまうと、
目地での防水性が無くなってしまいますので、
目地内部の水分が浸透してしまいます。
建物内部の構造材などに影響を与えてしまい、
劣化へと繋げてしまいます。
最悪な状態にならないようコーキングの状態を常にチェックし、
劣化が見受けられたら打ち直しを行いましょう。
コーキングの打ち直しには、以下の部分に注意して行う事をオススメします。




・部分的な打ち直しはしない
外壁でコーキングが1番劣化してしまうのは、太陽光が良く当たる南面です。
南面から劣化し始めていきますが、部分的に打ち直しをするのではなく、
打ち直しを行う場合は外壁全面1度に行うようにしましょう。



・打ち増しはオススメ出来ない
コーキング劣化の際に、既存のコーキングの上に新しいコーキングを打つ
「打ち増し」という方法もございますが、こちらはオススメ出来ません。

打ち増しというのは、劣化し隙間が出来てしまったコーキング部分に
新しいコーキングを打つのですが、古いコーキングと新しいコーキングは
馴染みにくい関係性がございます。
また、古いコーキングの硬化の劣化が終わっていない可能性もございますので、
その上から増し打ちしても中で劣化が進んで空洞が出来てしまう事がございます。
悪循環なコーキングになってしまいますので、オススメ出来ません。



・コーキングは打ち直しがオススメ
古いコーキングはカッターなどで綺麗に取り除き、
目地の清掃とプライマーを塗布した後、
新規でコーキング充填を行いましょう。
年々劣化が激しくなっていく古い建物のクッション代わりになってくれますので、
新規でコーキングを打つ事は建物全体の為の役にも立ちます。



・コーキングはプロに頼むべき
コーキングはホームセンターにも売っておりますので、
素人さんでも簡単に手に入ります。
そのせいか、コーキング劣化部分をお客様自身で打ち直し
される方も多く見受けられますが、オススメ出来ません。
コーキング作業は何故か簡単に見えてしまいがちなのですが、
実はとても難しいのが現状です。




コーキングの目地スタイルは、目地の底面をボンドブレーカー等を
用いて接着を防いだ、左右両脇の2面接着が基本です。
素人さんがDIYでコーキングを行うと、それを解らずに目地底共に
三面全てを密着させてしまう方が非常に多い傾向がございます。
これでは、コーキングの効果を100%発揮させる事が出来ません。
劣化も激しくなってしまうので、コーキングの寿命も短くしてしまいます。



このように、たかがコーキングと思うかもしれませんが、
扱いが非常に大変な材料と言えます。
安易な考え方でコーキング施工をし、
全く意味をなさなかったパターンも良く見受けられます。
施工の仕方や使い方は十分検討し、
きちんと建物に馴染むコーキング工事を行いましょう。
定期的にコーキングを打ちかえる事が、
建物の寿命を延ばす事に繋げる事が出来ます。


家主さんのコーキングのメンテナンスの見極めにより、
ご自分の建物の寿命を大きく左右させる事になります。




次回:コーキング材の選び方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA