コーキング材の選び方

コーキングと一口に言っても、様々な種類の材料がございます。
また、様々なメーカーからも出ております。
一般的に使われるコーキングは、以下の種類がございます。






・シリコン系
サイディングやコンクリート、ALC、金属、石、ガラス等の
目地に使われるコーキングであり、耐久性と紫外線に強いのが大きな特徴です。
汚れに強いので、外部で使われる事が多コーキングです。



・ウレタン系
サイディングやコンクリート、ALC、金属、ガラスの目地に
使われるコーキングであり、耐久性が高いのが大きな特徴です。
汚れには弱いですが、外部塗装する材料に使われる事が多コーキングです。



・ポリサルファイド系
アルミ、石、コンクリート、タイル等の目地に使われるコーキングであり、
耐久性が高く汚れにくいのが特徴です。
ブリードが強いので、塗装を乗せる事が出来ません。
高耐油性なので、油分を多く使う場所にとても重宝するコーキングです。



・アクリル系
耐候性と耐久性に乏しいので、室内で使う事が大半のコーキングです。
乏しいとなると採用したくなくなりますが、
単価が安価ですので室内で採用されております。






DIYでコーキングを行う場合は、防カビ材配合の物をオススメします。
水廻りや湿気の多い場所に使ってもカビが発生しにくい性質を持っており、
コーキングが長持ちします。
防カビ材が入っていないコーキングより高価ですが、
後々の事を考えると必要な要素ですので、オススメです。




次回:カートリッジ式の1液性と、缶に入っている2液性の違い