カートリッジ式の1液性と、 缶に入っている2液性の違い

コーキングには、ホームセンターなどに売っているカートリッジ式の1液性と、
缶に入っている2液性の2つがございます。
この2つには、このような特徴がございます。







・1液性のコーキング

全て最初か全てが混ぜ合って配合されているカードリッジ式のコーキング材です。
封を切るだけで、使う事が出来るコーキングです。
その為、素人さんでも簡単に使う事が出来るコーキングは、こちらの1液性です。
ホームセンターに売っているので、気軽に手に入れる事が出来ます。



・2液性のコーキング

主剤と副材の2つに分かれており、施工前に2つを撹拌機で混ぜ合わせて使います。
専用の攪拌機が必要となるので、素人さんでは扱う事は不可能と言えますので、
プロ向きのコーキングとなります。


カラーマスターが付いているので、理想のコーキングの色を作る事が出来ます。
ただし、カラーマスターは基本の色しか在庫していない事が多いので、
特殊な色にしたい場合はカラーマスターが特注になってしまいます。


カラーにもよりますが、およそ3週間かかってしまう事が大半です。
その為、時間を要する事をあらかじめ考慮した上で注文すると良いでしょう。






この2つのコーキング材料としての特性の違いは、
2液性の方が圧倒的に劣化しにくいという部分です。
その為、一般的に外壁工事でプロが使うコーキングは、2液性を使う事が殆どです。
特に外壁は紫外線により劣化が激しいので、2液性を使う事を強くオススメします。



外壁に充填する事にオススメなコーキングは、変性シリコンシーリングです。
シリコンは塗料が乗りませんが、変性シリコンは塗料を乗せる事が出来ます。
その為、無塗装版のサイディングやALCに使う事も出来ます。
防カビ材が含まれている事も多い材料ですので、外壁にはとても適したコーキングと言えます。



また、もう1つ注目してほしいのが、F☆☆☆☆のコーキング材とプライマーを採用する事です。
今のコーキング材は、殆どがF☆☆☆☆です。


業者さんが選定するコーキング材料は、ほぼF☆☆☆☆の材料です。
しかし、DIYで行おうと材料を手に入れた場合、
購入したルートによりF☆☆☆☆じゃないコーキング材料に出会ってしまう事があります。


プロはすぐに解って使用を避けるのですが、
素人さんがDIYで使う際は材料に詳しく無ければ気が付かない部分でもあります。
接着機能がある材料や塗料関係の材料を選ぶ際には、
F☆☆☆☆の材料を必ず選ぶ事が鉄則です。


使わない理由は無いので、必ず選定するようにしなければなりません。
見えやすい部分に必ず表示してありますので、必ず確認しましょう。





これらの事を踏まえると、コーキングという作業は簡単そうに思えても、
とても難しいという事が理解できると思います。
目地に充填してヘラ押えするだけの簡単作業に聞こえがちですが、
材料選びから施工までとても厄介で面倒な工事です。
防水性と安全性をきちんと高める為に適した材料と施工を行う為には、
コーキング施工はDIYではなくプロにお任せする事を強くオススメします。
プロを探すには「防水工事 名古屋」などで検索すると
お住まいの地域のプロを探すことができます。



次回:うっかり盲点!こんなところにも必要なコーキング