外壁塗装の際にコーキング施工も行ってほしい理由

リフォームで外壁塗装を行う場合は、
コーキング施工も一緒に行うべきと言えます。
その理由は、これらが挙げられます。






・仮設費の節約
外壁を全面塗装する場合は、外部足場を全面に設立します。
別途にコーキング施工を行う時にも外部足場は絶対に
設立しなければならないので、バラバラに行うと
外部足場の料金が2重にかかってしまいます。


足場というのは意外とお高く、業者さんにより様々ですが
一般的な住宅の建物として計算すると130,000~200,000円程度となります。


意外と大きなこの仮設金額を、外壁塗装とコーキングの際に
合計2回も支払うのは大きな無駄と言えます。


無駄だからと言って、どちらかの工事をはしご等で
行う事は絶対にオススメ出来ません。


はしごは危険を伴いますし、万度に施工を行う事が絶対に出来ません。
必ずムラと手抜きが生じてしまいますので、絶対に良くありません。



・外壁塗装とコーキングをバラバラに行うと色の誤差が出る
外壁塗装をする場合は、外壁全面を塗装する場合が殆どです。
その為、後からコーキング施工を行うと、
外壁コーキングとの色の誤差が発生してしまいます。
見た目的に割り切れば問題ございませんが、
大抵の方の目には目立って見えてしまいます。
せっかく大金をかけてリフォームしているのに、
見た目を乏しくさせてしまうなんて絶対にあってはいけません。



・外壁塗装をするタイミングは、コーキングも劣化
外装塗装をするタイミングの大半は、10年程度です。
外部のコーキングも寿命は10年程度ですので、タイミングがほぼ同じと言えます。
その為、同じ頻度に一緒にリフォームをする事がとても望ましいです。



・大掛かりなリフォームの苦痛を1度で済ませる事が出来る
外壁の全面リフォームは、足場に囲まれてしまうので意外と苦痛に感じます。


家の中が暗くなってしまうので、不快に感じてしまいます。
塗装は独特の臭いを発してしまい、コーキングも独特の臭いを発してしまいます。






更に、ご近所さんにも苦痛を与えてしまうので、
そんな事をわざわざ分けて2度も行う必要はございません。
建築工事は大きなお金がかかってしまう事ですので、
なるべくスマートに終わらせる事がとても理想的です。

コーキングを全面打ち直して塗装を全面に行う事は、
建物をいつまでも長持ちさせて使う事に大きな影響を与えます。
建物の寿命を高める為、工費を少しでも削減する為には、
外壁塗装とコーキング工事を必ず一緒に行うようにしましょう。




次回:適切なコーキング業者を選定する方法